バイトの面接で必須の履歴書。正しい書き方や志望理由の考え方を解説

バイトをする時には、まず面接をしてもらわなければなりません。

その面接の時に必要なのが履歴書です。履歴書はそれまでの自分の通った学校や仕事の経験などを書き、今までどのような人生を送ってきたかを簡単にまとめたものです。

高校生や大学生などでも履歴書の書き方が良くわからないという人もいるでしょう。

ここではバイトをするにあたって、履歴書の正しい書き方を説明したいと思います。

 

履歴書の正しい書き方から学ぼう!

履歴書を書く時には、黒インクのボールペンか万年筆で書くのが正式です。

シャープペンシルや鉛筆、色インクは使ってはいけません。

また、書き損じた時は、二重線で消すことはもちろん、修正ペンなどで修正するのも厳禁です。新しい履歴書に書き直すようにしましょう。少しでも汚れたら使えないと思ってください。

文字は楷書で丁寧に読みやすい字を意識して書きます。

字にあまり自信がなくても、丁寧に書くことでかなり印象は変わります。

履歴書はあなたを知ってもらうための大切な書類なので、第一印象を良くするためにも丁寧に読みやすい字で書くことが大切です。

また、複数のバイトの面接を受ける人で、同じ履歴書をコピーして使いまわす人がいますが、これも厳禁です。

採用担当者は履歴書を通じて、あなたの性格や生真面目さを見ているのです。

また、履歴書に貼る写真は顔がちゃんと写っている3か月以内に撮ったものを貼ります。今は写真館に行かなくても、スピード写真があるので気軽に撮影ができますね。

プリクラはスナップ写真は使用してはいけません。

履歴書を文房具店などで購入すると、専用の履歴書用の封筒が入っていますが、履歴書は必ず封筒に入れて渡します。

もしも専用の封筒がない場合でも、普通の白の封筒に入れて持って行くと良いでしょう。

 

履歴書はあなたを知ってもらうための重要なアイテム

履歴書はそれまでの学歴や免許や資格など、漏れのないように丁寧に作成しましょう。

志望動機や自己アピール、特技、長所などを書く欄がありますが、空白にせずにすべて記入します。

特に志望動機などは、インターネットに載っているサンプル文をそのままコピーして使うようなことは絶対に止めましょう。

採用担当者は同じような内容の履歴書を多く扱っており、インターネットなどのサンプル文はすぐにわかります。

自分の言葉で伝えることが大切なのです。

また、それまでに取得した資格などはたとえ小さなものでも必ず記載しておきましょう。

現時点でまだ取得できておらず、勉強中のものもあれば、その旨書いておいても良いですね。

ここで覚えておきたいことは、職歴がない人でもバイト経験があれば必ず書いておくということです。

採用担当者が知りたいのは、あなたがどんな経験をしてきたかということなので、短期のバイトでもその会社名と仕事内容を書いておくと良いでしょう。

大切な項目は志望動機と自己アピールポイント

あなたがこのバイトを選んだ理由や採用されたらやってみたい仕事などを具体的に書くと、印象がかなり良くなります。面接の時に、その履歴書を見ながら仕事内容に触れることもあるので、興味のある仕事ややりたい仕事を書いておくと会話がはずみます。

また、自己アピールは、恥ずかしがらずに思った通りのことを書きましょう。ただし、仕事をする上で役立ちそうな事柄がお勧めです。

「接客業が好き」なことや、「商品知識をつけたい」などの言葉はおおいに使うべきでしょう。

自己アピールではパソコンに詳しいことや、細かい作業が好きなことなど仕事に活かしてみたい点をアピールすると好感度が上がります。

好きな仕事ややりたい仕事はできるだけ具体的に書くと真実味があります。

バイトで実際に経験した仕事などでは、良かった点や嬉しかったことなどを簡潔に書きましょう。

 

履歴書作成のコツと気をつけるべきこと

履歴書を作成する時は、提出する会社の仕事内容を頭に浮かべて文章を書きます。

つまり、どの職種でも同じ文面の履歴書ではインパクトがありません。

小売販売店などでは接客業が好きなことや、人見知りをしない性格であることをアピールすれば良いですし、飲食店などなら、料理が好きなことや明るい性格であることをアピールするなどバイトをする業種によって使い分けると良いのです。

仕事に対しての前向きな姿勢や考え方をアピールし、バイトへの情熱を伝えます。

また、逆に自分の苦手なことや欠点とも言えるネガティブなことは履歴書に書くべきではありません。あくまでも自分をアピールするための書類と考えましょう。

ただし、条件面などで、「いつでも入れます」「どの時間帯でも入れます」などと書いておいて、実際に採用になった際に「土日は入れません」とか「午前中は無理です」などと言うのは信頼関係を壊す原因となるので、不確かなことは書かないようにしましょう。

予定が立たないのであれば、いつ頃になったらはっきりするなど、明確な情報を伝えなければなりません。

採用側としてはすぐにでも働いてもらえる人を優先的に採用するので、そのつもりで応募時期も考えなければなりません。

 

履歴書は大切に扱うことが原則

履歴書をポケットに入れてきて、くしゃくしゃのまま渡したり、二つ折りにしていたものを渡したりすることは相手に対して、失礼であることを認識しましょう。

履歴書はお互いにとって、大切な資料です。

バイトだからと言っても、それは社会人としてのマナーです。

綺麗に折って封筒に入れて、渡す時には両手で渡すようにしましょう。

そういう細かいところまで採用担当者はあなたを見ているのです。

履歴書を正しく扱って、面接の第一歩を成功させましょう。

 

 

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。