【辞め方解説】バイトを辞める時はどうする?続けるという選択肢の考え方も

昨今ではバイトの辞め方もいろいろと変化してきました。

LINEで辞めたいと上司に伝えてきたリ、いきなり来なくなって、連絡さえ取れなくなるなと、若い世代の人々に中高世代は振り回されている状況が続いています。

怒りを飛び越えて、もはや驚きばかりの若い世代ですが、これも時代の流れなのでしょうか。

若い世代を中心にバイトの辞め方について考えていきましょう。

 

バイトを辞める理由は実に様々

初めてのバイトなどでは、仕事の内容が面白くないとか思っていた以上に体力がいるなどの理由で辞めたいと思う人が多いようです。

では、仕事の内容が面白くない、という人たちは何を求めてバイトをしようと思ったのでしょうか?

居酒屋さんとかカラオケ店、コンビニにしてもお客側の立場で利用しているため、もっと楽しく楽な仕事だと考えていたのかもしれません。

また、見えない部分での仕事が地味で体力のいる仕事も多いことを初めて知ったためかもしれません。

しかし、バイトとはいえ、お金をもらっている時間なので、どんな仕事でも楽なバイトはないのが現実です。

けれど、昨今ではわずか1日で辞めたいと言う人も多くなっており、雇用側を悩ませていることは確かなのです。

 

バイトを辞めたい!その辞め方に問題あり

バイトを始めて、どうしても自分に合わない、バイトが辛いということもあるでしょう。そんな場合には辞めることも選択肢の一つであることは仕方のないことです。

しかし、最近の若い世代のバイトの辞め方に多くの人々が疑問を感じています。

まずは黙って来なくなるという場合が多いのです。

雇用側から連絡をしても、携帯電話に出ない、着信拒否にされるといったことがあり、結局は連絡を絶って辞めてしまうのです。

家族と住んでいれば、家族と連絡を取ることもありますが、一人暮らしの学生の場合は病気や事故も考えられ、雇用側は神経質になってしまいます。

また、連絡は来たものの、LINEで退職希望を伝えてくるなど、これまででは考えられないことが起こります。

バイトとは言っても、社会人としての常識を持って、辞めることを伝えるべきですね。

 

バイトが長続きしないその理由とは?

いろいろとバイトをしてみるけれど、長続きしないという人も多くなっています。

一番良く指摘されるのは、忍耐力がないということです。

同じ単純作業に耐えられないとか、仕事に楽しさを感じられない、人間関係がうまくいかないなど辞めていく人はそのバイトが続かない原因を挙げますが、どこの職場に行っても同じことが起こり、長続きしない原因は自分自身にあることに気づいていません。

バイトをいろいろと経験するのは良いことでもありますが、半面で一つの仕事を続けられないことは社会人としての今後の生活を不安にさせる要因にもなります。

辞めてしまうことは簡単ですが、せっかく始めたバイトであれば、しばらくは続けてみる覚悟も大切なのではないでしょうか?

 

バイトを長く続けることのメリットとは?

バイトを長く続けることには様々なメリットがあります。

まず、一つのバイトを続けることでその世界のいろいろな知識や技術を身につけることができるでしょう。

そんな中で、バイトと言っても上司や雇用者から認められるようになり、責任のある仕事を任せられるかもしれません。

また、良く聞かれるのがバイトを学生時代の3年間同じところで頑張ったことは、就活においても大きなポイントとなり、評価が高くなるのだそうです。

特に社員教育が厳しいと言われる会社でのバイト経験は、就活にも武器となるほど立派な経験と言えるのです。

長く続けたバイトの仕事が楽しくて、その会社に改めて社員として就職をする人も多いです。

その場合には経験豊富なので、同期入社の仲間よりもかなり有利な状況で仕事をすることになります。自信と情熱を持って、良い仕事ができることでしょう。

 

バイトを辞める!でもちょっと待って!

バイトを辞めたくなったら、一度冷静になって振り返ってみましょう。

何故、今バイトを辞めたいと思っているのか。

どうしても今でなければ駄目なのか。

自分にとって、このバイトは成長できる仕事ではないのか。

そんなことを自問自答して、数日はしっかりと考えてみるべきです。

信頼できる先輩や友人に相談してみるのも良いでしょう。

辞めるのは簡単に辞められますが、一度辞めてしまったら、元に戻るのは容易ではありません。

また、途中で辞めてしまったという思いはずっと残ります。

もう少し頑張って続けられないかどうかいろいろな角度から冷静に考えてみることも大切です。

 

バイトを楽しく続けるコツを考えよう

バイトを長く楽しく続けるためには、やはり人間関係を築くことでしょう。

同じ職場の中で一緒に飲食を楽しめるような仲間ができれば、確実に楽しい職場になるはずです。

仕事上で何か困ったことや腹の立つことがあっても、仲間がいて相談することができれば、気持ちの持ち方が全く違ってきます。

自分を肯定してくれて、けれど時には提言をしてくれるような仲間を作ることで、職場への想いはかなり変わってくるでしょう。

せっかく始めたバイトなら、ぜひ長く続けるつもりで臨みたいものですね。

そして、あなたも一緒に働いている仲間の相談に乗り、共に長く続けてもらいたいものです。

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。