夜勤でバイトすることのメリットについて考える!

仕事をするのには時間帯は大切な選択要素です。

時間帯によって仕事を選ぶ人も多いですよね。そんな中、夜勤の仕事も多くクローズアップされてきました。

もともと夜勤の仕事は様々な業種で存在していたのですが、あまり世の中に知られることはなかったように思います。

それは特殊な人たちがする仕事という印象があったからでしょうか?

では、夜勤にはどんな仕事があり、どのようなメリットがあるのでしょうか?

夜勤のバイトについて考えていきます。

夜勤のバイトにはどんな仕事があるの?

昨今で一番先に思いつくのは、地域の各所にあるコンビニの深夜勤務ではないでしょうか?

24時間体制のコンビニが多くなり、その存在は大きくなってきました。

コンビニの夜勤の仕事は22時から翌朝の6時までがほとんどで、その時間帯の中で店内清掃や商品補充、レジ業務、排気商品の撤去など様々な業務を担当しています。

店舗によっては1人体制のところもあり、防犯面の安全性や激務による健康被害も一部で問題となっています。

その他、飲食店でも24時間営業の店舗が増えており、夜勤の仕事も定着しています。

ラーメン店や牛丼店などでは、かなり忙しい店舗もあり、こちらでも健康状態が不安だという人も多いですね。

新聞の積み込み作業などの仕事も夜勤で、他の仕事と掛け持ちでしている人も多いと言われています。

この仕事はコンビニのように長時間の仕事ではなく、4時間ほどの短時間勤務になるので、掛け持ちでバイトをする人には適しているのかもしれません。

病院で働く看護師さんやお医者さんにも夜勤があります。

彼らの夜勤は日勤や交替勤務の中での一つのシフトなので、体力的にはとても大変な業務ですね。

体が慣れていかなければ、なかなかついていけない仕事と言えるでしょう。

交替勤務のシフトでの夜勤と考えると、24時間体制の工場勤務の人も同じですね。

夜勤明けの次の日にはまた日勤、などのハードな仕事もあり、健康を害しやすい仕事と言えるのかもしれません。

深夜のバイトの眠気対策はどうしているの?

夜勤のバイトは眠気との戦いとなります。

機械を扱う工場勤務などは、ぼんやりすると怪我にまで発展することがあるので、眠気対策は必須ですね。

最も手軽な眠気覚ましはコーヒーなどのカフェインを摂取することです。

ただし、カフェインの取り過ぎは頭痛やめまい、胃腸障害を引き起こすことにもなりますので、注意が必要です。

また、仮眠を取れる夜勤の仕事であれば良いのですが、全く仮眠を取れない場合は、トイレなどでわずかな時間でも目をつぶり、脳を休める時間を作りましょう。

たった5分でもその効果はあるそうで、眠気を感じたらその時間を確保すると良いですね。

逆に、眠気を感じたらいつも以上に何か体を動かす作業をすると目覚ましの効果があります。

自由に動けるコンビニの仕事などなら、いつもしない場所の清掃をするとか、陳列棚の拭き掃除をするなど、単純作業を中断して別の作業を入れてみると良いでしょう。

食事に炭水化物が多いと眠気を引き起こす原因になるという研究結果が出ています。

お米やパンなどの炭水化物を減らすことも対策となるとされています。

夜勤のバイトをするために体調を整えよう

夜勤のバイトをするためには、健康的な体作りが必要です。

夜勤のバイトを始めた途端に、体調不良を起こす人が多いそうで、まずは体を夜勤のバイトに慣らすことが必須となります。

夜勤のバイトを始めたら、最初はどうしても昼間に睡眠を取ることができずに、睡眠不足になることが多いでしょう。

それでも体は疲労がたまっているはずなので、昼間に熟睡できる方法を考えなければなりません。

まずはぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって、体と脳の神経を休めるようにします。

入浴が終わったら、ベッドに横になり、眠気を誘う音楽を流すなど眠る環境を整えます。部屋が明るかったら遮光カーテンを使うなど工夫をして、眠る習慣をつけましょう。

体が慣れてくれば、昼間でも十分に眠ることができるはずです。一日も早く自分の眠りやすい環境を造りましょう。

夜勤のバイトのメリットはお金が稼げること

眠い時間帯の夜勤のバイトですが、そのメリットは何と言ってもお金が稼げることです。

夜22時から朝6時くらいまでの仕事でしたら、大体日給1万円くらいにはなりますので、夜勤だけで生計を立てている人もいるくらいです。

また、週に一度だけ夜勤の仕事をしても、掛け持ちであればかなり目標のお金は稼げるでしょう。

様々な業務がありますが、深夜手当がつくので夜勤であれば確実にお金を稼ぐことができます。

目標を持って貯金をするのであれば、夜勤のバイトは一番手っ取り早く、そして効率的に実現できるでしょう。

また、夜勤の仕事は人と接触することが少なくなるので、人間関係にわずらわしさを感じる人や、人との関わりが苦手な人にはメリットとなるかもしれません。

女性でも多くなった夜勤のバイト

コンビニの夜勤など、男性の仕事と考えている人もいますが、実は昨今、コンビニの夜勤では女性の進出が目立つようになりました。

そのような店舗はもちろん深夜でも2人体制の店が多く、安全性にも気配りがされています。

家庭の主婦などが旦那さんが帰宅してからのバイトとして、コンビニの夜勤を選ぶことも多いようです。

家から近い場所で働くことができることや、軽作業が多いことで女性には人気が高いのです。そしてまた、経営者側もそんな女性のバイトを多く歓迎するようになってきたのです。

様々な業種で広まっている夜勤のバイトをあなたもぜひ体験してみませんか?

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。