バイトの面接って事前準備が大変?当日に必要なものもチェック!

 

バイトの面接って、結構大変に感じませんか。正社員の面接のように、厳しく見られるようなイメージが強くて、カジュアルな感じで行っても良いのか難しいところですよね。しっかりと考えていけば、バイトの面接もしっかり行えますよ。

電話やメールを活用する方法も最近増えているので、どのような形で面接までの時間を聞くのか、そして面接後の対応についても考えていきましょう。

 

バイトの面接もしっかり見られるので気をつけよう!

 

正社員の面接じゃないから、服装はカジュアルなもの、特にパーカーなんかを着用して行きたいと思うかもしれません。しかし服装を整えられていないと判断されれば、当然面接で落とされてしまいます。私服で行っても大丈夫と判断されても、派手な格好をしないようにして、少し地味な印象を与えるようにした方がいいでしょう。

次に内容ですが、面接の内容はバイトも正社員もあまり変わらないものです。質問されていく内容はさほど変化がなく、むしろバイトとして活躍してくれる人か判断するために色々行っています。面接の内容によっては、採用されない場合もあるので、回答には気をつけてください。

 

大事なことは、社員になるような面接とほぼ同じことを実施される点です。バイトだからと考えずに、仕事をするためには厳しい面接を行っているんだと思って行動した方がいいでしょう。

 

バイトの面接までに行われる流れを知ろう!

 

バイトの面接までには、メールや電話、更には求人サイトなどを活用して、応募したいことをしっかり告げておきます。多くの場合は、バイトのサイトを活用するなどして、連絡先に電話して行っています。メールで行えるバイトは少ないとされていて、面接の連絡を受けづらいため利用されません。

電話を行うと、情報を伝えられるようになり、いつから面接を実施するか決められます。当然履歴書を持っていくように言われますので、履歴書は準備してください。時間と日程を確認して電話を切られますので、後はそのタイミングになったら面接を受けるだけです。合否は面接の後で伝えられます。

 

メールを活用している場合は、ネットによって申し込みが可能となっているバイトです。夜の仕事に多くなっていますが、電話で連絡されても対応できないので、メールによる連絡を行えるようにしています。この場合は、空いている時間帯をメールで示されるので、そのタイミングで訪れるようにします。

 

当日は緊張するもの。質問と持ち物を調べておくのも良い

 

バイトの面接は、当日になるとすごく緊張するもので、大変な思いをすることとなるでしょう。質問される内容はわかりませんし、答え方を知らないために間違った印象を与えてしまいがちです。面接の回答次第では、合否が悪くなってしまいますから、いい回答を心がけるようにしてください。

緊張している場合には、質問される内容を調べておく方法もあります。ここでは知恵袋や2chを活用しても構いませんが、地域によって違いが生じてしまいます。ニートからバイトを考えている人は、情報収集を行ったほうが緊張しなくなるでしょう。

 

当日は持ち物にも気をつけてください。持ち物の中には、履歴書が当然含まれていますし、筆記用具も持っていったほうが良いでしょう。中にはすぐにサインと印鑑をしてほしいと言われる場合もあります。合格して直ぐに仕事ができるようなバイトなら、印鑑を持っていたほうが便利な場合もあります。

 

バイトの面接に合格したらどうなるの?

 

バイトの面接に合格した場合は、対応が分かれていきます。その日のうちに合格を出される場合には、当日中に結果を出されて契約書にサインしてほしいなどを言われます。筆記用具を持っていったほうが良いのは、契約書だけでなく、それ以外の情報を伝えられる可能性もあるので、メモを取ることができるためです。

当日以外に伝えることとなった場合は、電話によるものが多くなっています。合格の場合でも採用しない場合でも、電話による連絡だけ入れるようにします。電話が駄目ならメールによる連絡を入れてもらう方法もありますが、この場合はメールアドレスを伝える必要があります。筆記用具がなかったら、とても面倒なことになってしまうでしょう。

 

合格を出してもらう時間は、意外とバイトによって変わってしまうものです。たった数分で合格と言われる場合もあれば、1週間以上待ってから合格とされる場合もあります。時間が長いからといって、採用されないようなイメージを持たないようにして、連絡を待つようにしてください。

 

複数のバイト面接を受けた場合の注意

 

複数のバイト面接を受けていて、どちらかで仕事をしたいと思っている場合には、辞退する必要があります。2つのバイト、どちらも合格を出している場合には、電話連絡を受けた後、再度電話して辞退できないか相談してください。他の都合などにより、バイトができなくなったと伝えれば、納得してもらえる可能性もあります。

どちらかに落ちるようならいいですが、2つとも合格していることがわかって、辞退しないと仕事ができない場合は、すぐに自体した方がいいでしょう。特に狙っている仕事とは違うバイトを保険として受けて、合格している場合には連絡を入れてください。そして本命のバイトで仕事を行いましょう。

 

連絡が来ない場合は、自分から連絡を入れるようにするなど、辞退するために必要な手続きを取りましょう。合格の連絡が来ない場合は、先に合格の連絡を受けたバイトで仕事をするため、先に連絡を入れても問題ありません。

 

まとめ

 

バイトの面接は、流れを知って行動したいですし、その後の行動によって変わっていく要素もあります。必要なものを準備しつつ、バイトの面接でしっかりした回答を行いましょう。ネットにある情報をうまく使うと、意外と答えやすいかもしれません。

複数のバイト面接を受けている場合には、どこかで辞退する連絡を入れたり、落ちることを告げられることもわかります。バイトだって面接は大変ですから、辛い連絡が届くケースもあります。その後の対応もしっかり行いましょう。

 

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。