パートを始めよう!履歴書はどのくらい詳しく書くべき?

いざパートやアルバイトを始めようとなったとき、履歴書を書くのって結構大変ですよね。履歴書って結構書くことが多いですし、修正もききませんから、書くだけで相当時間がかかってしまうことが多いです。

 

今回はパートの履歴書をどのくらい詳しく書くべきなのか、書き方を以下にまとめてみました。これからパートを始める主婦の皆さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

パートの履歴書の書き方の基本!

 

履歴書は大きく分けて、以下のようなことを記載する必要があります。

 

  • 名前、住所、電話番号などの基本的な情報
  • 学歴
  • 職歴
  • 志望動機
  • 本人希望記入欄(出勤希望曜日、要望など)

 

販売されている履歴書のタイプによってもっと細かい項目はありますが、これくらいの情報は共通項としてあります。履歴の書き方として、この基本項目は絶対に余すことなく書く必要があります。

 

名前、住所、電話番号などの連絡先は誰でも書けることなのであえて触れることはしませんが、特に電話番号は間違っていないかどうかよく確認しておく必要があります。なぜかと言うと、電話番号が間違っていると、もし採用になっても連絡がつかなくなってしまう可能性があるからです。せっかくの採用のチャンスを自ら無駄にしないためにも、基本情報は間違えがないように書きましょう。

 

 

パート履歴書の学歴や職歴はどれくらい詳しく書く?

 

主婦の方だと、ある程度学生時代のアルバイトや卒業後の仕事も経験している人が多いかと思います。中には「履歴書に書ききれない!」もしくは働きに出るのは久しぶり過ぎて「昔の職歴なんて詳しく覚えてない…」なんていう人もいるでしょう。

 

書き方としては、学歴も職歴も嘘偽りなく全部書くことが好ましいのですが、書ききれない人は勤続年数が長いものを中心に書いていけると良いでしょう。その際に、学歴と職歴は同じ場所に詰めて書くタイプの履歴書が多いかと思いますので、学歴はある程度であれば割愛しても大丈夫です。中学校卒業あたりから最終学歴を書いておけば問題ないでしょう。

 

たまに「主婦のパートの履歴書だから、アルバイトやパート経歴だけ書いておけばいいんでしょ?」と思っている人がいますが、それは違います。今は主婦だったとしても、正社員でも派遣社員でもある程度の期間働いていた経歴があるなら、しっかりと書いておいた方が良いです。

 

特に、志望するパート先に少しでも関係してくるような職歴があれば、絶対に外さず書いておきたいところです。履歴書にも書いておけば、面接時にアピールもしやすくなります。

 

履歴書の書き方に不安があるなら、履歴書に付属している見本や学歴の早見表は結構役に立ちます。履歴書を買って、履歴書の紙以外は捨ててしまう人もいるかもしれません。でも意外と履歴書の見本って結構参考になりますので、特に学歴や職歴の書き方が分からないときは見本を見ながら書くとスムーズに書けます。

 

 

パートの履歴書の志望動機の書き方は?

 

履歴書を書くときに皆が結構苦戦するのが、志望動機です。面接時、採用担当者は見ていないようで見ているこの志望動機の欄ですが、パートの履歴書だからと言って適当に済ませてしまうのは良くないことです。

 

悪い例としては、「家から近いため。」などと一言にもほどがあるくらいの短文で終わっているものです。同じように家から近いことを志望動機にするなら、せめて「家から近いことを活かし、長い時間勤務できたらと思っております」くらい書かなければNGですね。

 

よくある志望動機の例として、「過去の経験を活かし…」や「〇〇が好きなので…」という志望動機がありますが、スーパーや工場、飲食店など、正直言ってあまり特色がないところをパート先として志望した場合、志望動機にも困りますよね。過去に同じような業界で経験があれば「経験を活かし…」という志望動機は使えるかもしれませんが、例えば業務用の機会を作るような工場が志望先では「機械が好きなので…」というのは無理があります。

 

そんなときの志望動機の書き方としては、「今まで挑戦したことがないことに挑戦し視野を広げたいと思い…」や、接客系なら「人と話すことが好きなので、そんな自分の長所を接客で活かしたいと思い…」などという表現がおすすめです。比較的幅広く使えるので、志望動機に困ったら使ってみましょう。

 

 

その他パート履歴書の疑問を解決!

 

よくあるパートの履歴書の疑問としては、以下のような点があげられます。履歴書を書く際には参考にしてくださいね。

 

・履歴書は三つ折りにして封筒に入れた方が良い?

よく履歴書を買うと封筒が付いてきますが、正直なところパートの面接くらいなら履歴書を封筒に入れるかどうかはどちらでも良いです。就活などでは履歴書を封筒に入れることがマナーとはされていますが、パートやアルバイトの履歴書ならそのままクリアファイルなどに入れて持参するかたちで全く問題はないです。

 

・写真はスーツ着用必須?

履歴書に貼る写真は確かにスーツ着用の方が印象は良いです。ジャケットは無理でもブラウスくらいは着用して写真を撮れると良いですね。でも言ってしまえば、写真も正直なところスーツを着用しているかどうかはあまり問題ではありません。清潔感のある服装であれば、私服でも大丈夫でしょう。

 

 

まとめ

 

履歴書って本当に書くとき緊張しますよね。失敗できないからこそ、書き方をとても気にしてしまうものです。特に主婦の方は「履歴書なんて書くの久しぶり…」という人も多いでしょう。なおさら書き方なんてよく分からなくなってしまいますよね。

 

意外と重要なのは、見本を参考にしながら書くことです。職歴や学歴は特にどんな文言で書けばいいか分からないことが多いでしょうから、見本をよく参考にしましょう。そして最後に言っておきたいのは、「パートの履歴書だから適当でいいでしょ」とは思わない方が良いということです。適当に書いてしまうと、その適当さが履歴書からにじみ出てしまうでしょう。全体的に情報を丁寧に書くことは心がけましょう。

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。