バイトの給料計算をしてみよう!給料も間違ってることがある!

バイトの給料計算を改めてしてみたことってありますか?

 

時給が高いから月でもらえる給料も高くなるかと思いきや、意外と時間は少なくて給料が思った以上に低い…!なんてこともあるでしょう。

 

自分がもらうべき給料はちゃんと把握しておいた方が何かあったときにも困らず済みますよね。今回は給料計算についての豆知識をご紹介していきたいと思います。

 

 

これからバイトを始めるならまず見込みの月収の計算をしよう

 

給料は自分で計算しなくてももらえるものなので、改めてバイトの給料計算をすることってなかなかないと思います。では、実際にどんなときに給料計算って必要になってくるのでしょうか?

 

まず1つ目として、バイトを始める前の見込みの月収計算としてバイトの給料計算はとても必要になってきます。おおよその勤務時間、時給、シフトに入れる曜日などを考えて絶対に計算しておいた方が良いでしょう。

 

例えば時給1500円のバイトを見つけて、「あっ時給高い!これはかなり稼げそう!」と思うかもしれません。確かに時給だけ見ればかなり高い方ですし、稼げそうな気もします。もちろんたくさんシフトに入ることができれば稼げることは間違いないでしょう。

 

でもこれがもし、例えば1日3時間、週に3日しか入れないようなバイトだったらどうでしょうか?

 

時給1500円×3時間×週3日×4週

=54000円

 

月収にしてこれくらいしか稼げないのです。意外と少ないですよね?

 

時給が高いことで安心しきっていると、後になって「あれ?意外と稼げない…」と思うことって結構あるものです。バイトの給料は月の生活費にも関わってくる大事なものです。これからバイトを始めるなら、基本的には月の給料を計算しながらバイトを決めるようにしましょう。

 

 

バイトの給料が少ない…もしかして合ってないかも?!

 

2つ目に、バイトの給料計算が必要なのは、バイトの給料が思っていた金額と合わないかもと感じたときです。「少ない」「合わない」と感じたら、直ちに給料計算を自分でしてみましょう。

 

「え~?バイトの給料が合わないなんてことあるの?」と思う人もいるかもしれません。結論から言うと、バイトの給料が少ない、合わない、ということは全然あり得ます。確かにそんなに頻繁にあることではないですし、実際に経験したことがある人も少ないかもしれません。

 

バイトの給料はシステムを使って計算しているバイト先もあれば、事務の人や店長さんなどが地道に計算して給料を算出しているバイト先もあります。特に個人経営の小さなお店などは、自分たちで計算して給料を出しているところが多い傾向にあるので、たまに間違っていることがあるのです。

 

合わないと感じたら、その月のシフトを元に時間、時給を合わせて給料計算を自分でしてみましょう。ちょっと面倒臭いかもしれませんが、バイトの給料は非常に大事なことなのですぐに計算した方が良いでしょう。

 

そして間違っていることが明らかに分かった場合は、すぐにバイト先の担当の人に給料が合わないということを伝えてください。計算し直してくれるはずです。

 

 

給料の計算方法として便利なツール

 

バイトの給料を計算することは大事ですが、とはいえ給料計算って結構面倒ですよね。自分でも合っているかどうか不安ですし、いちいち電卓を出して計算するのも手間がかかると思います。

 

そんなときに便利なのは給料計算をしてくれるサイトと、給料計算アプリです。簡単にバイトの給料計算を済ませたい人はこれらのツールを使うことをおすすめします。

 

サイトもアプリも、時給、勤務時間をただ入力するだけで簡単に給料を計算してくれるようになっています。システムがやってくれますから、計算が苦手な人は特に自分でやるよりも安心なはずです。

 

 

バイトの給料計算を普段からしておく癖をつけよう

 

上ではバイトの給料計算が必要になるときのパターンをご紹介してきましたが、そもそも給料計算は毎月自らする癖をつけておくと良いです。

 

上の場合はバイトの給料が合わないことに自分で気づけたから良かったですが、少ない額の間違いの場合はほとんど自分では気づけないことが多いです。

 

確かに毎月バイトの給料計算をしてまとめておくのは面倒ですし、「まあ数千円くらいの間違いならいいか…」と思ってしまうかもしれません。でも、その数千円の間違いが毎月知らずに続いていたらどうでしょうか?めちゃくちゃ損ですよね。気づいた頃には何万単位のずれが生じているはずです。

 

何かバイト先の給料計算システムに変なずれがあったりすると、このように毎月同じ額が間違っている場合もあるのです。バイト先が出してくれる給料が絶対合っているとうのみにしないことは大切ですね。

 

毎月バイトに入った日のシフトはしっかりと管理したうえで、毎月給料を自分で計算し、できればエクセルなどにまとめえておくと良いでしょう。そうすれば後になって間違いに気づいても、さかのぼって確かめやすくなります。エクセルで関数を組むのが得意な人は、エクセルの中で給料計算を完結できるようにもしておけるので便利ですね。できる人はぜひエクセルも活用しておきたいところです。

 

 

まとめ

 

バイトの給料計算って意外と大事なのがお分かりいただけたでしょうか?普段はバイト先にまかせっきりな給料計算も、自分でしてみると意外と間違っていることに気づけるかもしれません。何万単位の大きな損をするようなこともないでしょう。給料を出すバイト先の方も万能ではないので、「もしかすると給料が合わないことがあるかも」ということは覚えておいた方が自分のためになりますね。

 

また、これからバイトを始める人も、アプリや給料計算サイトなどを使ってバイトの給料はあらかじめ計算しておきましょう。自分で自分がもらうお金のことは把握しておかないと、あとでずれたときに困るのは自分自身なのです。

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。