週一のバイトで生活にメリハリをつけよう!

最近では週休2日制の会社が多くなってきました。

そのため、その休みの1日は他のアルバイトをするという人も増えてきたのです。現在は子育てにも住宅ローンにもお金がかかる時代で、少しでもお金を蓄えておきたいと考える人が多いです。

そんな人々にとって最適なのが週一だけのバイトです。

さて、そんな仕事は一体あるのでしょうか?様々な業種から週一のバイトを探してみました。

週一のバイトを探す理由

現代はいろいろな意味で贅沢な世の中になってきたような気がします。

たとえば、30代で家を建てたりマンションを購入する人が増えました。また、高級車をローンを組んで購入する人も多いのです。

銀行がローンを組みやすくしていたり、高額なカードローンを発行したりした結果、人々のローンに対する感覚が変わってきたように思います。

そして先に家や車を手に入れた人々がその返済も含めて、常にお金が足りないという状況になり、仕事を増やす選択をするようになったのではないでしょうか?

また、現在は子育てにもお金をかけたいという家庭が多くなり、子供により高い教育を受けさせたり、おけいこ事をさせたいと考える親が多くなっています。

そのため、主婦も外へ出て働くことが当たり前となり、そのためには夫もいろいろな援助をするようになりました。

夫が休みの土日のどちらかに主婦がバイトに出るということも昨今の特徴と言えるかもしれません。

主婦も週一日だけ外でバイトすることで、毎日の家事から解放され、リフレッシュにもなる良い選択と言えますね。

また、通常は忙しい学生の中には、週に一度だけバイトしたいという人たちもいます。

そんな学生にもできるバイトは必ずあるのです。

身近で手っ取り早い週一のバイトを探す

週一のバイトで、身近なものと言えば家の近くのコンビニのバイトでしょう。

コンビニは24時間営業のため、多くのバイトを採用してシフトを作っています。その中には週一だけのバイトの人もいます。

コンビニでは多くのスタッフを備えていることで、店舗運営をまわしています。急にスタッフが来れなくなることも想定して、多くのバイトを揃えることが必要なのです。

週一だけしか出られないバイトでもその意味では大切な存在です。そんなコンビニであれば、週一のバイトとして最適かもしれませんね。

主婦が実際にしているパートの中では、スーパーの早朝の品出しなどが人気のようです。

週に一度だけ、スーパーにとって忙しい土日のどちらかだけする仕事は、主婦にとっては行きやすいバイトと言えます。

週一だけのバイトで注意しなければいけないこと

条件として、週一からでもOKと言うバイトは最近増えています。しかし、そんな週一だけのバイトをするには、気をつけなければいけないことがあります。

まず、週一しかバイトに行かないことで、仕事内容を忘れてしまわないように、メモなどを取っておくことです。その時には覚えているつもりでも、一週間たつと割と抜けてしまうことが多いので、ミスが重ならないように対策を立てなければいけません。

また、週一だけだとやはり周囲の人との信頼関係が築きにくいということがあります。そのためには、週一のバイトの時にはそれなりの存在感を示すことができるような働きをしたいですね。

そして、人間関係を構築するためにこちらから話しかけたり、相談するなど、接点を持つような努力が必要です。

単発バイトとしての週一バイトって?

継続的に週一で入るコンビニやスーパーなどの仕事と違って、単発で週一だけバイトをする人もいます。

単発のバイトにもいろいろとありますが、引越センターのスタッフや、イベントスタッフ、警備員など、いずれも簡単な仕事なので経験がなくても大丈夫です。

このような単発の仕事はほとんどが日払いで、その日の帰りに手渡しで給料を渡されるので、すぐにお金が必要な人にとってはありがたいバイトですね。

学生やフリーターの中には、このような単発の仕事を毎週一回入れている人がいます。

そのたびに探すのは大変ですが、一度経験したバイト先から出勤依頼が来ることもあり、毎週のように同じ会社のイベントに参加している人もいるのです。

お金がその日のうちに稼げることと、日払いのバイトは高額であることがほとんどなので、意外に毎週のバイトで充実した金額を手にすることができるでしょう。

週一のバイトを継続するためには

自分の都合に合わせた週一のバイトはかなり理想的です。

しかし、毎週続けるためには、その会社の信頼を得なければなりません。どうしたら継続して週一のバイトを続けることができるのでしょうか?

まずは週に一度であっても、定期的に必ず入れることを示しましょう。会社に当てにされる存在になることです。

また、夏休みなどは他の日も入れるなどの今後の予定もしっかりと伝えます。逆に人が少なくなる繁忙期にも入れることを約束しましょう。

面接ではこれまでの経験を全て話し、仕事におけるスキルをアピールします。週に一度しか入れないけれど、必要な人材であることをわかってもらうのです。

週一だけしか入れないバイトとして、会社側としては採用を悩む場合もあります。しかし、その迷いを消すくらいの仕事ぶりを見せればきっと週一でもバイトは歓迎されるでしょう。

自分のスキルを磨く意味でも仕事に対しては前向きに、様々なことにチャレンジしていく気持ちが大切です。

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。