パン屋のアルバイトの仕事内容と知っておきたいポイントについて

パン屋でアルバイトをしたいと考えている場合、仕事の内容が気になる方は多いと思います。
実際にパン屋のアルバイトの募集では製造を担当するのか販売がメインなのかによっても仕事内容や勤務時間が変わることが多いです。
また、パン屋といえば早朝から仕込みをするイメージですが、生地からこだわって作る店に製造として勤務する場合に言えることですので、全てのパン屋のアルバイトに当てはまるわけではありません。そのため求人の内容をよく見て、面接の際に仕事内容を確認することが大切です。
そういったことをふまえてパン屋で働くメリットと気を付けたいポイントを実際に働いたことのある方の体験談からまとめていきます。

 

パン屋にはさまざまなタイプのお店があります。

ひとことでパン屋さんといっても、街の小さなパン屋からデパートやショッピングモールのテナントに入っているパン屋までさまざまです。
個人経営の小さなパン屋の場合、アルバイトでも簡単な製造と販売の両方を任されることがあり、チェーン店のパン屋だと、製造と販売をしっかり分けてどちらかを担当することが多いです。ただし、販売として長く勤めている場合には製造のサポートをすることもあります。
規模が小さいお店の良さはアットホームな雰囲気で働くことができ、将来を見据えてアルバイトをしている場合、仕事を認めてもらうことができたら経営のノウハウまで教えてもらえる可能性が高くなることです。
対してチェーン店やスーパー内のパン屋の場合はすでに形成された状態のパンを焼いて販売するというシステムになっていることもあります。ただし、細かいマニュアルがあったり、パンが好きで生地つくりからしてみたいという方には少し物足りなさがあるかもしれません。
また規模に関わらず、イートインのスペースの掃除やカフェを併設している場合はドリンク等のオーダーや清掃も対応する必要があります。

 

パン屋のアルバイトに任される仕事内容とは?

パン屋のアルバイトで製造をする場合は生地作り・成形・焼き・トッピングなどのパンを作る工程を行います。
ただし、テナントとして入っているパン屋だと早朝からの作業ができないため、生地を仕込む必要のない冷凍生地を使う場合もありますので、その場合は未経験でも採用されやすいです。
次に仕事内容が販売の場合はレジや商品の管理、空いた時間にポップの製作やトレイやトングの補充等をしていきます。
パン屋のレジは袋に素早く丁寧に入れて、会計もテキパキ行う事が必須になりますし、商品の特徴や原材料についてのお客様の質問等にしっかりと答えることができるようにする必要があります。
勤務時間についてはお店によって開店時間が異なり、製造の場合は出勤前や朝食用のパンを買いに来る方が多いので早朝から仕込みをすることもあります。また、販売でも早朝の時間に出勤する場合もありますので面接の際に必ず確認をしてください。
早朝の時間を有効に使いたいと考える学生さんには適していますが、朝早く起きる自信がないという方や、朝の時間が忙しい主婦の方には厳しい条件となりますので重要なポイントとなります。

 

パン屋で働くメリットと心掛けておきたいことについて

パン屋で働きたいと考えている方は、メリットとともにパン屋の仕事をしていくうえで大変なことをあらかじめ理解しておくとギャップを減らすことができます。
パン屋で働くメリットは当然のことながら焼きたてのパンの良い香りに包まれて仕事ができ、場合によっては新商品の試食ができることです。また、将来パン屋を開きたい・飲食業に興味があるという場合は、働きながら学んで経験を積むことができます。
製造で大変なことは、粉などの重たいものを運ぶ力仕事が含まれることや、決められた順序で時間内にクオリティの高いパンを作り上げる器用さも必要になることです。最初は誰でも未経験なのでこればかりは失敗しながら上達していくという気持ちを持って前向きにとらえていくようにしてください。
対して販売では、接客業に関心のある方は多くのお客様と接することができるため、やりがいを感じたりスキルアップにつなげることができます。販売において大変なことに挙げられるのは、全てのパンの名前や値段を覚えることが大変ということや、お客様が集中して来店される時間帯は店内やレジが込み合い非常に忙しくなるということです。
どの職業にも言えることですが、とにかく仕事に慣れる期間は大変です。そのため、新しいことを早く覚えようとする努力と焦らずにスムーズな接客をする心掛けをしていきましょう。


パン屋のバイトに向いている人の傾向について。

パンが好きな方であれば一度はパン屋さんで働いてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。
まず一番パン屋さんに向いている人はパンが好きな人です。パンに興味があり、食べることが好きであれば多少仕事を覚えることが大変でも頑張れるはずです。
販売として働くのであれば、人がたくさんレジに並んでいても焦らずに落ち着いた対応ができるように目指している人が適しています。お店の商品の魅力も大切ですが、やはり販売するスタッフはお店の顔となるため、身だしなみをきちんと整えてしっかりとした対応ができるように心掛けましょう。パン屋での接客は人と多く関わることができ、常連さんも多くなるので慣れてきたら接客の楽しさを味わうことができるはずです。
また、製造を希望する方の場合は、将来飲食業に携わりたいという方はもちろん、丁寧に黙々と作業をこなしていける方には向いているといえます。また、長時間立ちっぱなしの体勢でも大丈夫で、重たい粉などを運ぶため体力に自信がある方にもおすすめです。

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。小さなお店からチェーン展開しているお店まであるパン屋でのアルバイトは、お店の方針によって任される仕事内容が異なります。
例えばバイトには製造は任せずに社員だけで行うお店もあれば、しっかりと教えてバイトにも製造を任せるお店などさまざまです。
そのため、パン屋でのアルバイトを希望する時は自分に合った仕事内容であるかを確認するようにして、自分が希望する時間帯や仕事内容に沿って求人を見つけていくと良いです。
実際に働いた方の経験談にはキツいこともあるけれどやりがいがあるという意見が多く見られますので、パンが好きな方にはたまらない仕事であることは間違いないです。ぜひ参考にしてみてください。

アルバイト経験者が集まってリアルなアルバイト情報をオムニバス形式でお贈りしています。